M&Aとは一体何?ビジネス戦略に必要なM&Aの基礎知識

M&Aは企業合併や企業買収の略称

M&Aは英語の「Mergers and Acquisitions」の略称であり、日本語で企業買収や企業合併の意味があります。

日本では中小企業の企業合併が行われる事が少なく、一方で大企業に企業買収されるケースが多いようです。企業買収の方法としては、株式の過半数以上を取得するという株式譲渡によるものがほとんどです。

合併の場合は2つの企業が1つになることを意味しており、手続きも大変です。また片方の企業が消滅してしまうので、経営者や従業員がちゃんと納得できるかという点も問題になります。一方買収の場合は企業がそのまま残りますし、大きな手続きは株式譲渡のみです。株式売却で得られる利益も大きいことから、買収の方が手堅い選択肢だと言えるでしょう。

M&Aにはどのようなメリットがあるか

M&Aのメリットは、自社が抱えている経営課題や諸問題を解決できる手段として、大いに活用できる事です。経営問題を改善することを目的として、M&Aが行われるケースもあります。また買収する側のメリットとしては、企業にとって足りない部分を補えたり、企業の規模を大きくできるというメリットがあります。異なる業界の企業を買収すれば、販路も広がります。M&Aについてマイナスのイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、本質は実に前向きです。それぞれの企業に対して、大きなメリットを与えてくれます。

M&Aは、会社を未来へ向けてステップアップさせるための戦略の1つだと言えるでしょう。

後継者不在の中小企業が技術や社員を守る方法として、M&Aによって他の企業の中で事業を存続するという方法があります。