確定申告するならどちらがお得?青色申告と白色申告の差

青色申告をすると節税ができる

サラリーマンの人であれば会社で確定申告を行ってくれるので、自分で申告のことについて考える必要は少ないでしょう。しかし、自営業者の人なら、これらも自分で考えていく必要があります。基本的には、青色申告と白色申告という二つの申告方法があるのですが、この違いは一体どこにあるのでしょうか。細かい違いがいくつもあるのですが、一番大きいのはやはりどれだけの節税効果があるかという点でしょう。青色申告の場合は、青色申告特別控除というものを使って年間65万円の控除枠をもらうことができます。白色申告ではそうした税制上のメリットは用意されていませんから、この差は非常に大きいです。少しでもお得に確定申告がしたいなら、青色申告を選択するのが普通です。

複式簿記での記帳が必須になる青色申告

しかし、青色申告には複式簿記での記帳が義務付けられています。簿記の知識がないと書類作りが大変です。ただし、最近なら会計ソフトを使えば、この問題もクリアになります。会計ソフトを使えば誰でも簡単に青色申告に必要な書類を作成することができますから、不安視しすぎることもないでしょう。

事前申告が必要な点に注意しよう

青色申告をするためにはまず事前申請が必要になります。申請期間も限られているので、このタイミングを逃してしまうと、その年は白色申告しかできないことになります。ですから、初年度は白色申告で妥協をするという人は多いですね。ただ、二年目からはやり方をマスターして青色申告に切り替えるのが普通です。難しい場合は税理士の先生に依頼をして申請書類の作成をしてもらえばいいだけなので、多くの自営業者が青色申告を選択しているのが現状です。

青色申告とは複式簿記の手法に基づいた帳簿を記載して、その記帳から正しい所得・所得税及び法人税を計算し申告することです。